ゲーム専門学校で技術を習得韓国に負けないで

ゲーム専門学校で技術を習得韓国に負けないで

ゲームというと馬鹿にして「なんだ、ゲームか」って言う人が多いのですが、実はこのゲーム、ソフトの面では通常のビジネスアプリケーションソフトよりも複雑で、かなり難しいものなのです。ゲームソフトを完成させるためには、会社でプロジェクトチームを立ち上げます。厳選されたエリートだけが、このゲームソフト作成のプロジェクトに参加できるのです。日本は今大変な時期を迎えています。少子高齢化で年金の先行きも不透明で大変に不安なのです。若い人の不安はすごいと思います。失業率はアメリカの9パーセントよりはましですが、6パーセントを超えており下がる気配がまったくありません。そこで、若い人たちにお願いがあります。それはゲーム専門学校で資格を習得して、ゲーム作成のプロフェッショナルになって、日本を支えて欲しいのです。お隣の韓国は国をあげてこのゲーム作成にも参画しているようで、東南アジアのゲーム市場はそのうち韓国に乗っ取られてしまうようなありさまなのです。私の居住地タイでも、この傾向で、内心苦々しく感じています。多分私は偏見があるのかも知れませんが、韓国だけには負けたくない。彼らにゲーム市場を占領されてしまうのは、断腸の思いがするのですが、これは団塊の世代共通の思いではないでしょうか。ゲームはこれから3Dの時代に入ります。町中で見かけるテレビも3D対応のものが随分増えてきました。3D対応のゲームで日本が先鞭をつけ、優位に立つことを心より願っています。頑張れ日本。

新着情報

おすすめサイト

関連情報